harryのブログ

ロードバイクとか模型とかゲームについて何か書いてあるかもしれません

目覚まし時計のアラームスイッチを修理した話

経緯

以前から目覚まし時計のアラームスイッチがガタついてて、onにしてるのにアラームが鳴らなかったり、snoozeボタンを押したときの小さな衝撃でアラームが解除されたりして困っていました。

これが原因で重役出勤*1してしまい、言い訳した際


「上の階の住人がうるさくて耳栓して寝るんですけど、その場合スマホのアラームじゃ起きられないので目覚まし時計使わないといけないんですが、目覚まし時計のアラームスイッチがガタついてて鳴らないことあるんですよね…」

社長
お前 (言い訳が) 面白いな

とのお言葉を頂戴してしまったので、いつか修理しないとな…とは思っていました。

4月から新生活が始まることもあり、ついに自分で修理することにしました。 ヨドバシカメラで良い目覚まし時計が見つからなかったこともあり。

修理するのはSEIKO SQ684Sです。

コラム: 家電製品ミニレビューセイコークロック「ツイン・パ SQ684S」

分解(原因の特定)

おおかた内部にあるスイッチがガタついているのだろう、と推測してスイッチを交換する予定でした。

背面のネジ(6個)を外し、左右2カ所ずつあるツメをゆっくりと外側に向けて外してやります。*2

分解してスイッチの構造を見てみると予想の斜め上を行っており、スイッチなどという電子部品は存在せず、スイッチに直付けされた金具が基板の接点に触れてアラームのon/offが切り替わる、という仕組みでした。

f:id:harry0000:20170402164854j:plain

on/offを考えると年間400回以上操作するスイッチがこういう構造になってるのもどうなんだ…4~5千円もする時計なんだぞ…。

修理

手持ちの部品にトグルスイッチ*3は無かったため、秋葉原へ買いに行きました。予備も含め2つ買いました。購入店は千石電商さんで、1個160円です。

f:id:harry0000:20170402172828j:plain

スイッチはある程度奥行が必要なので、適当な空間が確保できるところに穴を開け、スイッチを取り付けます。

f:id:harry0000:20170402172837j:plain

あとは配線してハンダ付けすれば完成です。

f:id:harry0000:20170402172853j:plain

元々付いていたスイッチの金具は基板と逆方向に折り曲げておき、基板の端子部と接触しないようにしてあります。

修理後の使用感

ある程度耐久性のあるスイッチに変えたのでパチパチ気持ちよくアラームのon/offが切り替わります。

衝撃でアラームがoffになることもないのでこれでアラームが鳴らないという事態は避けられそうですね。*4

*1:ある種の裁量労働制だったので遅刻の概念がない

*2:私はツメを1つ折ってしまいました…

*3:単純なon/offではなく回路を切り替えるスイッチ

*4:時間通りに起きられるとは言っていない